2011年夏に買い換えたエンデバーTY5000S(Windows7)ですが、ハードディスクからの起動の遅さに我慢できなくなり、ついにSSDに交換することにしました。

私が特に気になっていたのは、Windows起動後Dropboxなどの常駐ソフトの読み込みに時間がかかることでした。でも、これはハードディスクを使っていれば仕方のないこと。それではお値段もだいぶお手ごろになった感のあるSSDに換装してみるか、ということで久々のパーツ組み込み作業を行いました。

換装後は、Windows7が起動して実際に使えるようになるまで30秒程度になりました。速い!

SSDはサンディスクの2.5インチ480GBを購入

SSDの購入に当たっては、あちこちのサイトでユーザー評価の高かったサンディスクのSDSSDHII-480G-J25を選択。ビックカメラで税込21,578円で購入(会員特典はがき利用で12%ポイント付)。サンディスク製品はSDカードでもおなじみで信頼できる上、速さも十分との評価があったので迷うことなく決めました。私のデスクトップPCは3.5インチベイしかないため、SSD変換マウンタ(597円、ノートパソコンの場合は不要)と接続ケーブル(926円)も合わせて購入。電源ケーブルは既設分に空きがあるため追加不要でした。

事前準備: SSDの容量480GBに合わせて、Cドライブのダイエット

ハードディスクのCドライブにはビデオや写真、音楽などすでに保存されているファイルを含めると500GB以上もありました。480GBのSSDでは容量オーバーしてしまうので、まずは今までバックアップ用に使っていた外付けハードディスクにデータを移す作業から始めましたが、この作業が一番時間がかかりました。(250GB程度にダイエット完了)

SSDの増設作業

まずは2.5インチのSSDを3.5インチに合わせるためにマウンタに取り付けます。マウンタは取り付け位置が左右に寄ったものと中央のタイプがあり、これは中央に取り付けるタイプです。(ノートパソコンならマウンタ不要)

2015-12-07 21.06.38

SATAケーブルはここに差し込みます。

2015-12-07 21.11.55電源ケーブルはその隣に。

2015-12-07 21.16.50

マウンタをベイに差込み、ビス止め。

2015-12-07 21.23.11

SATAケーブルはここから

2015-12-07 21.27.43

ここにつながっています。

2015-12-07 21.31.27

電源ケーブルの空いている箇所をつなぎます(ドライバーの先)

2015-12-07 21.39.09

購入後4年以上も経っているので、ついでに電池交換もしました。
【注】時計がリセットされるので、Windows起動後再設定を忘れずに。

2015-12-08 11.49.42

SSDの初期化

上記の作業終了後、Windowsを起動し SSDの初期化を行います。私の場合はNTFSで初期化し、ボリュームの設定は他の機器とバッティングしない I にしておきました。後でCドライブに変更されるので、何でもOK。

SSDのクローン化(ハードディスクの内容をコピーする作業)

私の購入したSSDにはクローン化のためのソフトが添付されていないため、サイト上でいくつか報告されていたEaseUS Todo Backup Free を使うことにしました。一回だけしか使わないので無料のツールで十分かと・・・(笑)。

EaseUSのサイトからTodo Backup Free(無料版)をダウンロードし、インストール。
ハードディスクの内容をクローン化するので、右上にあるクローンをクリック。
【注】以下は作業しながらスマホで撮影した画面です。見難い画面ですみません。

2015-12-08 20.50.51

コピー元となるハードディスクを選択。

2015-12-08 20.57.16

次にクローンを作成するドライブを選択。

2015-12-08 21.02.19

一応、SSDに最適化にチェックを入れておきます。

2015-12-08 21.02.42

次に編集をクリックして、

2015-12-08 21.02.57

消去禁止域を適宜再設定します(50GB程度にしましたが、もっと少なくても良いかも)。

2015-12-08 21.03.33

使用領域を一杯に広げます。

2015-12-08 21.04.18

こんな具合。2015-12-08 21.04.34

一瞬ドキッとしますが、

2015-12-08 21.05.17

ソースもターゲットも間違いないことを確認して・・・OKをクリック。

2015-12-08 21.05.30

クローンの作成開始です。

2015-12-08 21.06.02

途中経過です。

2015-12-08 21.12.11

無事完了!約91分かけてクローンが作成されました。

2015-12-08 22.37.55

いよいよ、今まで使っていたハードディスクと新しいSSDの役割交換。次の作業で起動ドライブを変更します。

BIOSの設定を変更してSDDから起動

PCを再起動して、Windowsが起動する前にDeleteキーを連打しBIOSを表示させます。

BOOTメニューからハードディスクドライブを選択してEnter。
内蔵されたドライブが表示されるので、Enter→矢印キーで該当ドライブ(SSD)を選択

2015-12-08 23.11.12

次にBoot Device Priority を選択してEnter

2015-12-08 23.13.35

矢印キーとEnterキーで起動ドライブと順番を設定

2015-12-08 23.14.16

全て選択できたらF10で設定内容を保存して起動。大抵のBIOSはこんな感じだと思うので、必要に応じて読み替えてみてください。

SSDに換装後のパフォーマンスの変化(5.9から7.9へ)

Windows エクスペリエンス インデックスを再調査してみると

2015-12-08 23.25.54

アララ、エラーが出てしまいました。

2015-12-08 23.26.23

詳細ツールをクリックしてみると、

2015-12-09 01.02.54

再評価する項目がありました。

2015-12-09 01.03.38

無事新しいデータが取得できました。プライマリーハードディスクが5.9→7.9に改善しています。

2015-12-09 23.34.00

いやあ、久々にパソコン内部を弄っちゃいました。昔と違って最近は何もしなくてもちゃんと動いてくれますからね。ちょっと時間はかかるけど、作業自体は結構簡単なので、ぜひお試しください。

これで、あと2~3年?いやwindows7が使えなくなるギリギリまで、これを使い倒すことにします。