WordPressをインストール後は最低限のプラグインをインストールしてみることに。

まず最初にやってみたのは、Akismet (アキスメット) 。説明によるとブログをコメント・トラックバックスパムから保護するのに役立つとのこと。作業手順としては、サイトでユーザー登録するとAkismet API キーというものがメールで届くので、これを設定ページで入力するだけ。説明は簡単な英語なので、特に困ることはないはず。

 

次はWP Multibyte Patch。こちらの説明によると「WP Multibyte Patch本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。」とのこと。これも導入しておいた方が良さそうです。

 

後は、WordPress Importerも入れてみました。実はこの数日の間にデータベースをいじってアクセス不能に陥り、再インストールを余儀なくされたりした関係で、データのバックアップは必須だと実感しました。WordPress には標準でバックアップ機能がありますが、そのバックアップファイルを復元するためのインポートツールは用意されていないので、このプラグインをインストールする必要があります。WordPress Importerの説明はこんな感じです。→ Import posts, pages, comments, custom fields, categories, tags and more from a WordPress export file.

 

因みに私はデータベースのことについては全く知りません。それでも複数のドメインを使ってサイトを構築しようとしているうちに、サイトが表示されなくなったり、データベースそのものにアクセスできなくなったりと散々な目に合いました(自業自得?)。単に複数のドメインを設定するだけなら問題ありませんが、他のサーバー(Jimdoを利用)で運用中のサイトをこちら(ミニバード)に移転させるための方法をあれこれ試行錯誤しているうちに、どうしてもエラーになってしまい、その先に進めなくなってしまうのです。という経緯から、しばらくの間はサーバー移転のことを考えないようにします。う~ん、モヤモヤ&残念です!