団塊世代女性のデジタルライフをご紹介

Web制作

ホームページビルダーからJimdoへ、そしてWordPressへ

はじめてサイトをオープンしたのは1990年代後半。ホームページビルダーを使って旅のサイトを作ったのが最初でした。その後サイト、ソフト共に何回もバージョンアップを繰り返し、昨年2011年春頃、たまたま人から教えられたJimdo freeの利用に切り替え、さらに2012年暮にはWordPressで制作するようになりました。 

Jimdo 2011年春~

Jimdoを使ってみると、とっても間単で管理も容易。ブラウザで直接コンテンツの編集ができるのは、ホームページビルダーで作っていた頃と比べるとまさに画期的。

すっかり味をしめた私は、会社のサイトもJimdoを使って作り変えました。こちらは独自ドメインを使う必要があるのでJimdoPro(月額945円)を契約しました。JimdoはCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)なので、基本的にはWordPressと似たような仕組みになっています。ただデータベース自体を扱わなくても済む分、Web制作の素人でも簡単に作業できるのが魅力です。

Jimdoのウィークポイントは?

ただ、使いやすさが際立っているJimdoにもひとつだけ弱点が・・・・・それはiPadで編集できないことです。ブログの記事など、出先でササッと書きたい時などにこれではちょっと不便です。でも、今まで頻繁に利便性の向上を図ってきているJimdoのことですから、これもじきに解決してくれるんだろうな。(と、期待を込めて書いておきますね)

【Jimdoのその後】iPadでの編集ができないと書きましたが、Jimdoがとうとうやってくれました!2013年8月22日、Jimdo for iOS がリリースされたのです。まだ全ての作業ができるようになったわけではないものの、これから改善を進めてくれるようなので期待しましょう。

【2014年10月14日追記】2014年8月13日、Jimdoが生まれ変わりました!以前のものと比べると格段におしゃれなレイアウトが導入されるなど、今の時代に十分通用するデザイン性の高いものに変更されています。ただ、切り替わった時点では旧ユーザーが新しいレイアウトを使えるようにはなっておらず、しばらく放置を決め込んでいました。ところが・・・この続きは10月14日のNewsページを参照してください。

WordPressに挑戦 !2012年暮~

wpその後、CMSについていろいろ調べているうちに、これからはWordPressが主流になりそうだなと感じるようになりました。それでもサーバーにデータベースをインストールしなくてはならないという点は、正直言ってちょっと敷居が高かったのです。データベースに関する知識はほとんどないし、そもそもこれ以上新しいサイトを作る必要もないのだしと思い、その後1年以上も手付かずのままでした。

でも、最近になっていよいよWordPressを使ってみたいと思うようになりました。私は時々新しいことに挑戦しないといられない性分なものですから(笑)。ネット上の情報をいろいろ調べてみると、最近のレンタルサーバーには、WordPressを自動インストールする機能が装備されているものがあるとのこと。これで敷居は一気になくなってしまいました。ミニバードを選んだのはまさにそれ、あとはコストパフォーマンスが高いことも大きな選択理由のひとつでした。

Jimdoからミニバードへの移転とWordPress導入作業の詳細はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © momoのデジタルライフ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.